ファッション界の業務

ファッション業界の仕事

ファッションデザイナーの補助

企業によって多少異なりますが、ファッションデザイナーの仕事は多岐にわたります。デザインを決定するための会議に使う資料の準備、実際の形を作るための素材の選定、釦など付属の決定、サイズやデザインの詳細をパタンナーに作成してもらうための指示書の作成、サンプルが上がってきた時のチェックや修正、展示会での商談などです。一度に数十型のサンプルを作る場合、作業の量も膨大です。アシスタントの仕事はその作業をフォローすることです。最初は雑用のようなものが多いかもしれませんが、全てがデザイナーの作業の常識的な範囲内の仕事です。アシスタントの募集があるということは、人手が足りていないという事なので、慣れてくればより多くの範囲を任せられることになります。ファッション業界を知るには良い仕事でしょう。

デザイナーの行う仕事とは

ファッションデザイナーという仕事は、職場によってさまざまな仕事をこなすことにもなります。大きな企業になれば、マーチャンダイザーと相談しながらブランドらしい売れ筋のデザインをしなければならないことになり、自分のブランドではないので自分のセンスをいかすというのは難しくなってきます。また、少人数の企業になればデザインしたものを自ら型紙を作ってファーストサンプルを縫製するなど、型紙を制作する知識や縫製の技術も必要になってきます。自分がどのような仕事をしたいのかによって、ファッションデザイナーという職種はさまざまな仕事内容があります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ファッション関係で働く All rights reserved